1. ホーム
  2. 農家の皆様へ
  3. お知らせ
  4. 寒風害を受けた青島みかんの今後の対応について

農家の皆様へ

寒風害を受けた青島みかんの今後の対応について

2014年12月24日

柑橘生産者 各位

  

 初冬の候、柑橘生産者各位におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、先日の低温と強風により収穫前の青島みかんに被害が見られました。

本年は、浮皮の果実が多く発生しています。この浮皮果が寒風害を受け、しなびやこはん症といった果皮障害が発生し、腐りが早く、食味が悪くなります。

現在、収穫は終了していると思いますが、家庭内選果でしっかりと選別して頂き、年明け以降の共販出荷の生食には混入させないように注意してください。

*寒風害を受けたみかんに限らず、ハケみかんを園内に放置しないようにしましょう。鳥獣害を助長する要因になります。

*中晩柑につきましても、果皮の体質が弱く、果皮障害が発生することが懸念されます。果実の減酸が非常に進んでいるため、園地ごと食味検査を実施し、収穫基準に達したものから収穫を始めましょう。

担当:JAあいら伊豆営農生活課

一覧にもどる

このページのTOPへ戻る