1. ホーム
  2. あいら伊豆からのおしらせ
  3. お知らせ
  4. 3月のお茶管理指針

おしらせ

お知らせ

3月のお茶管理指針

2017年02月28日

春肥は一番茶の品質に大きく影響します。3月下旬に茶配合を施用し、肥効を高めるため幅広に施用し、施用後は土壌とよく混ぜましょう。

①苗木植付けの留意点

  • 植付けは3月中旬~4月上旬に行ない、新芽の動き始めている苗木は4月上旬に植付けをするのが好ましい。
  • 苗木は根を乾燥から守るため、風や日光にさらさないよう十分に気をつける。
  • 堆肥に直接根が触れると障害を起す恐れがあるので注意する。
  • 植付けは、根を自然状態(根の先が斜め下に末広がりになる)に保ちながら覆土する。
  • 深植は生育を阻害するので、覆土は株元が地面と同じ高さにする。
  • 植付け後のかん水は一株当たり4~5リットルとする。
  • 乾燥防止のため、株元に敷草等をする。秋整枝をしなかった所は、2月下旬から3月上旬に軽く整枝しましょう。深く整枝すると芽数が少なくなり、不揃いになりやすいので注意しましょう。

・苗の植え方<二条植え>

・有機資材・化成肥料を入れ浅耕しましょう。

一覧にもどる

このページのTOPへ戻る