1. ホーム
  2. 農家の皆様へ
  3. いちじく
  4. 4月のいちじくの管理指針

おしらせ

いちじく

4月のいちじくの管理指針

2018年04月13日

4月に入ると萌芽期を迎えます。

①苦土の施用 (上旬)

時  期 肥料名 10a当り施肥量
4月上旬 硫マグ 20kg

②芽かき(下旬)

結果枝数は10a当たり2千本以下にしましょう。

残す芽は直上芽、下向き芽を除き、横芽を使用しましょう。

<芽かきの目的>

芽数を減らすことにより貯蔵養分の消耗を減らし、初期成育を揃える。
作業性の良い樹を作る。
樹冠内部まで光を当て、果実の品質を向上させる。
風通しを良くして、病害の発生を防ぐ。

<芽かきの方法>

 

(1) 芽が3~4葉になったら行いましょう。

(2)片側40㎝に1芽を残しましょう。

(3)「横芽」や「やや下芽」を残しましょう。

(4)遅れて伸びる芽もあるので、2~3回巡回して実施しましょう。

③カミキリムシの防除(上旬)

→キンチョールEを虫孔注入

●樹木に食入し、約2年半の間食害を続ける。

●幼虫は、ノコギリくず状のものを外に排出する。

 

 

④アブラムシ類の防除

 

 

農 薬 名 濃  度 安全使用基準 水100リットル当たり
アディオン乳剤 2,000倍 前日―2日 50cc

 

一覧にもどる

このページのTOPへ戻る