1. ホーム
  2. あいら伊豆からのおしらせ
  3. 6月のいちじくの管理指針

おしらせ

あいら伊豆からのおしらせ

6月のいちじくの管理指針

2018年06月11日

①病害虫防除

今月は、疫病、アザミウマ類、カミキリムシ、ハダニ類の防除時期になります。

 以下の薬剤は混用し、6月上旬に散布して下さい。

 

対象 農 薬 名 濃  度 安全使用基準 水100リットル当たり
疫病 Zボルドー 1,000倍 100g
疫病 加用クレフノン 200倍 500g
アザミウマ類 アクタラ顆粒水溶剤 2,000倍 前日―2回 50g

 

以下の薬剤は6月下旬に散布してください。

 

対象 農 薬 名 濃  度 安全使用基準 水100リットル当たり
疫病 Zボルドー 1,000倍 100g
疫病 加用クレフノン 200倍 500g
カンザワハダニ バロックフロアブル 2,000倍 前日―1回 50cc

 

●疫病●

<多発時期>

雨が多いと発生します。

<症状>

葉では、大きな斑点がでます。症状が進行すると落葉します。

果実では、白色粉状のカビが生じ腐ります。

枝では、黄変して枯れます。

 

<防除方法>

  • 薬剤防除
農 薬 名 濃  度 散布時期 安全使用基準 水100リットル当たり
Zボルドー 1,000倍 6月上・下旬 100g
加用クレフノン 200倍 同 上 500g
  • 病果、病葉は集めて焼くなどし、ほ場衛生に努めてください。
  • 密植をさけ、下枝を吊り上げ、地面に敷わらなどを敷き通風をはかってください。
  • 雨よけ栽培をすると発生を減少できます。

 

●アザミウマ類●

<多発時期>

5月から6月に乾燥が続くと多発する。

<症状>

果実内部に侵入し加害します。

<防除方法>

  • 薬剤防除
農 薬 名 濃  度 散布時期 安全使用基準 水100リットル当たり
アクタラ顆粒水溶剤 2,000倍 6月上旬 前日-2回 50g

※1~2節の果実が人差し指から親指大の時期に一時的に花孔が開くときに侵入するので、その時期に防除を行い、光反射シートの被覆は6月上旬までに行いましょう。また、園地周辺の雑草や開花植物の除去も行いましょう。

 

●ハダニ類●

<多発時期>

6月から8月

<症状>

果皮に寄生して変色します。

 

<防除方法>

  • 薬剤防除

 

農 薬 名 濃  度 散布時期 安全使用基準 水100リットル当たり
バロックフロアブル 2,000倍 6月下旬 前日-1回 50cc

 

園内の除草に努めてください。

 

●カミキリムシ●

<キボシカミキリ>

・主幹部に産卵するので見つけ次第、卵をつぶす。成虫は捕殺。

・主幹部にバイオリサカミキリシートを巻きつけ防除。

<クワカミキリ>

・キンチョールEを虫孔に注入。成虫は捕殺しましょう。

 

②支柱立て…結果枝ごとに立てる。

 

③間引き…10a当り2,000本以下に整理。

一覧にもどる

このページのTOPへ戻る