1. ホーム
  2. あいら伊豆の紹介
  3. 組合長挨拶

あいら伊豆の紹介

組合長挨拶

 組合員の皆さまには、日頃より、JAの各事業にご支援とご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
 おかげさまをもちまして、平成28年度は「JAあいら伊豆合併20周年」という節目の年となり、様々なイベントを通じて組合員の皆さまへの感謝の気持ちを伝えることが出来ました。

 さて、農業やJAを取り巻く情勢は、TPP承認案と関連法案が昨年12月の参院本会議において可決・成立したものの、いまだ発効の見通しは立っておらず、今後の動向は楽観し出来ない状況であることや、平成28年4月の改正農協法施行や、日銀による「マイナス金利政策」による金融緩和など、私たちJAを取り巻く環境は、一段と厳しさを増しております。

 こうした中、JAあいら伊豆では、平成27年度に「JAあいら伊豆自己改革実践計画」を策定し、柑橘類・キウイ・イチジク等の共販出荷者を対象に直販体制を重視した少量多品種・多品目栽培の提案、また果樹の改植事業への取り組み強化や、学校給食への納入等の取り組みを通じて、農家組合員の農業所得向上に今年度も取り組んでまいりました。平成31年度までの完了を目指し、今後も自己改革を進めてまいります。

 平成29年度からは、新たな3か年計画「~ともに拓こう、協同が輝く時代~」をスローガンに、自己改革同様、農家組合員の農業所得の向上、また、くらしの豊かさの実現、JAの健全な運営など、各事業を通じ、役職員一丸となり取り組んでまいりますので、今後も変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表理事組合長 藤原 謙次

このページのTOPへ戻る