1. ホーム
  2. 農家の皆様へ
  3. お知らせ
  4. 1月の作物管理指針

農家の皆様へ

やさい

1月の作物管理指針

2015年01月06日

やさいづくり

土づくり

 地力を高め、生育を向上させるには土づくりが大切です。堆肥や腐葉土などの有機物を投入し、土が軟らかくなるよう深耕します。

 作付け計画

12ヶ月の計画を立て、その中に自分が必要とする野菜の播種・収穫予定時期を当

てはめていくことにより、畑の作付状況などが明確になり、色々な作目の組み合わせが可能になります。

 計画の作成にあたり、特に注意しなければならないのが連作です。中には連作しても障害の出にくい作目もありますが、ナス科・アブラナ科・マメ科などの作物が連続して同じ畑に入ってくると、生育が悪くなったり、収量が減少したりするので注意が必要です。

 また、日照や土壌湿度などの条件も考慮して、作目を決定することが大切です。

軟腐病は一度発生させてしまうと防除が困難になります。十分に注意して下さい。

病害虫防除

病害虫は決して一斉に出るのではなく、はじめ特定の株葉に出て、それが何日かす

ると全面に広がりますので、初発生の段階で防除するのが効果的です。

 実際の防除にあたって大切なことは、病害では病原菌の最も浸入しやすいところを狙って、重点的に散布することです。それは、雨によって土が跳ね上がりやすい下葉の裏や茎の基部などです。

 散布方法は下葉の裏を狙い、次第に上葉に向かい、最後に全体の葉の表面にさっと吹きかけます。あまり多くかけ過ぎても滴下して、よく付着しないものです。また、付着性を高めるために、展着剤を加用しましょう。

一覧にもどる

  • 採用情報はこちら
  • 特産品紹介 ネットショッピング

JAバンクからのおしらせ

  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • プレシャス 年金予約定役貯金・年金予約定期積金
  • マイカーローン
  • カードローン
  • 教育ローン
  • リフォームローン
  • フリーローン
  • 多目的ローン
  • 年金相談会
  • 住宅ローンシミュレーション
  • 本支店一覧
  • 組合員募集
  • 緊急時・お困りの際の緊急連絡先はこちら!
  • 定型約款掲載を見る

このページのTOPへ戻る