1. ホーム
  2. あいら伊豆からのおしらせ
  3. あいら伊豆ニュース
  4. 早生みかんの収穫体験が行われました

おしらせ

早生みかんの収穫体験が行われました

2012年11月09日

 10月29日、上多賀地区組合員の園地にて、熱海市立第2小学校児童4年生60名が早生ミカンの収穫体験を行いました。この取り組みは、地域の子どもたちに農業体験を通じて、地域の農作物や農業への理解を深めてもらうことを目的に行いました。営農指導員から、早生ミカンの説明と収穫の方法を教わり、児童が二人一組で協力し合い収穫をしました。その後、採れたてのミカンを試食し、みかんを一人5~6個持ち帰りました。質問コナーで児童から、袋がけがしてあるものとしてないものの違いや、おいしいミカンの見分け方などのたくさんの質問があがりました。営農指導員から、伊東管内で栽培されている色々な柑橘の説明があり、管内の農作物について知ってもらうことができました。

   
営農指導員による柑橘の説明          説明を聞く児童たち

   
早生みかんを収穫をする児童の様子      椎野さんによる挨拶

一覧にもどる

このページのTOPへ戻る